北海道男性介護者と支援者のつどい 

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡山男性介護者の会

<<   作成日時 : 2012/01/26 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

岡山男性介護者の会の紹介記事のご紹介です。


あっぱれ!おかやま:岡山男性介護者の会 /岡山


 ◇家族と支援者のネットワークを

 「岡山男性介護者の会」代表の江川敏雄さん(61)=中区=は、男性介護者全国ネットの会員だった知人とともに、一昨年に同会を立ち上げた。県内在住の家族介護者と支援者とのネットワーク作りを目指している。

 江川さんは約8年間、訪問介護のヘルパーとして、介護に悩む家族介護者の姿を見てきた。介護に疲れ果てて心を病んでいく人も多く、「介護を担う家族を支援する場が必要だ」と強く感じた。

 特に重視しているのは、男性介護者への支援だ。いざ男性が介護をする側になったとき、料理が苦手で買い物の仕方も分からずに困ったり、地域住民とのコミュニケーションが苦手で家に閉じこもる人が多いという。「男性は一人で思い悩み、ストレスを抱え込む傾向にある。それが介護殺人や心中、虐待など深刻なケースにつながる。だからこそ支援が必要なんです」

 同会は、孤立しがちな男性介護者が悩みを共有し合える場を作る。手応えを感じたのは、さまざまな立場の家族を集めたイベントだった。昨年8月、障害児を育てる母親や、男性介護者らと流しそうめんをした。参加者の笑い声が響き、晴れ晴れとした表情で流しそうめんを楽しむ姿が印象的だった。「ひとときでも悩みから解放されて、心が楽になったのだろう。体験を語るだけだと暗くなって気分が沈んでしまいますから」と振り返る。

 今後も交流を深めて、参加者同士が“支え、支え合う”関係作りを目指すという。介護技術の勉強会や男性向けの料理教室なども企画している。江川さんは「介護をする人が孤立しないように同じ目線に立って、きめ細かい支援を続けたい」と語った。【坂根真理】

==============

 ◇岡山男性介護者の会

 介護福祉士や訪問介護員など専門知識を持つ人たちが集まる。お年寄りが安心して余生を過ごせる場所作りを目指し「ホッとできる家で最期を迎える場を作りたい」。同会(086・201・1744)。



行政ファイル:不正受給で介護事業所指定取り消しへ /和歌山
山口の介護士窃盗:訪問先から窃盗、元介護士に実刑1年6月−−地裁判決 /山口
おやじ連作品展:定年後の充実、見て 絵画や写真など227点−−近江八幡 /滋賀
甘酒:伊賀の料理教室代表・平井さん、和菓子考案 「親しみの味、再認識を」 /三重
男の料理教室つくし会:シニア世代、腕磨く 新たな人のつながりも /奈良


毎日新聞 2012年1月24日 地方版

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
画像
画像
画像
画像
画像

リンク集

岡山男性介護者の会 北海道男性介護者と支援者のつどい /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる